日記ブログ

ワーママぷくもんによる日記

―おすすめ記事―

【在宅ワークの休憩に】「猫と日向で昼寝」のすゝめ

猫は日向ぼっこが大好きです。

 

窓から入る陽の光を浴びながらフローリングでゴロゴロしている猫を見ると幸せな気持ちになるのと同時に羨ましくなります。

 

今回は猫と日光と昼寝について綴ります。

 

f:id:Monpi:20210311000417j:plain

はじめに

リモートワークが多いこの頃、昼休憩中にふと横を見ると、我が家のもんぴが窓際の日向の中でゴロゴロゴロゴロ寝ていました。

 

「なんて気持ちよさそうな・・・」

 

一応仕事中ですから、羨ましいことこの上なしです。

 

お布団を干すかのごとく、体を思う存分伸ばし、窓越しに入ってくる春間近のお日様の光で自分のことをふかふかにしていました。

 

 

猫の日向ぼっこのメリット

 猫が日向ぼっこをするのはどのような理由があってどのようなメリットがあるのか、まとめてみます。

 

殺菌(乾燥によるダニ・菌・ウイルスの繁殖予防)

猫はご存じの通り毛がふわふわでぬいぐるみみたいな生き物なので、 ダニや菌が繁殖しやすいのです。※ぬいぐるみのダニはエグいらしいですよ。

 

ダニは猫の天敵!

 

我が家のもんぴも真冬以外は月1回ダニ予防の薬を動物病院で処方してもらっています。

 

マダニについてこんなエピソードも病院で聞きました↓

 

猫の体にデキモノが出来ています」という患者さん。そのデキモノ、実はマダニ本体!

マダニが体に入り込んで血を吸い大きくなっている状態だったんです(泣)

 

 

ダニが日光浴で完全に死滅するわけではないことは周知の事実ですが、それでも日陰や湿気が多いところでジメジメした状態で過ごすより、日光を浴び乾燥させて皮膚を清潔な状態にしておく方がダニリスクが低いことは明白です。

 

 

消臭

猫は体臭が少ない動物と言われています。

狩猟が「待ち伏せ」のため、獲物を捕らえる前に自らの臭いで存在がバレないようにするためです。

 

この猫の特徴があるからなのか

「猫はいいにおい」

という都市伝説すらありますが、うちのもんぴは決していいにおいというわけではありません。

 

獣のにおい・・・します

 

最近はもんぴのにおいが昔ほど気にならなくなっている筆者ですが、おそらくもんぴの匂いが消えたのではなく、生活臭になって慣れてしまったということだと思います。

 

そんな今でも臭いと感じる時はあるのですが、日光浴で体がふわふわなもんぴをクンクンするとあきらかにいつもよりは清潔な雰囲気のにおいは感じます。(布団を干した後のような感じでしょうか) 

 

日光浴で無臭になるわけではありませんが、日光を浴びて乾燥することで、ジメジメした状態よりも獣臭が減るというわけですね。

 

体温調整

 猫は体温維持でもエネルギーの消費が激しいようです。

 

太陽の光を浴びた猫はとってもふかふかあったかですが、表面的にあったかいだけではなく、体温とエネルギーの維持も行っているということですね。

 

猫と人間が一緒に日向ぼっこをして昼寝することのメリット

猫の日光浴には素敵な効果がありますが、人間も軽めの日光浴ならばメリットがあることはよく知られています。

 

例えば・・・

セロトニン分泌

 ⇒癒し効果でストレス軽減・うつ病予防

ビタミンD生成

 ⇒骨の強化・認知症予防

 

もちろん紫外線が肌に与える悪い影響はガングロギャルの終焉の頃には日本中で知られている事実でしたから、あくまでも程よい日光浴ならば上記のような良い効果が期待できますよってことですね。

 

 

そして筆者が強くおすすめしたいのは

 

猫の日向ぼっこ中に隣で横たわって一緒に寝てみましょ!!

 

ってことなのです。

 

実証済です。ものすごくセロトニン分泌を感じました。(※効果には個人差があります)

 

15分間程度、お日様の光と可愛いふわふわ猫との密着が、想像を超えたセロトニン分泌で体の中からジンジンと感じるものがありました。

 

うつ伏せで寝ることで、ガチガチに凝り固まった背中にじんわりとした優しい太陽光を感じ、猫の寝顔に癒しを感じるのです。

 

至福。

 

 

日向で昼寝中の猫の隣でスマホ片手に写真撮りながら一緒に寝るときの注意点

気持ちよさそうな猫の隣に横になれば、写真撮りたいですよね。

 

ここで注意が必要です・・・

 

こんな好条件でスマホなんか出したならば、反射光が壁にちらつき猫大興奮です。

 

その結果こうなります・・・

 

f:id:Monpi:20210310234142j:plain

 

撮影の頃には獲物(反射光)めがけてハンターいなっています。

 

本当はここで一緒にゴロゴロしていたのですが・・・。

 

おわりに

猫の人間も紫外線を浴びすぎると害になりますが、軽い日光浴はおススメです。

 

特に大きな効能は癒しです。

 

日中の15分間をどうぞ癒しの時間にしてみてください。

 

<本日のシメ>

もんぴとの日向ぼっこは最高だよね!?

時と場合によるよね~

・・・うん