もんぴねっと

メインブログには載せない情報の発信基地

―おすすめ記事―

【在宅勤務とペット】猫がいる中での在宅ワーク!メリット・デメリットとおすすめ解決策

最近は在宅勤務・在宅ワークに慣れてきた方も多いのではないでしょうか。

 

私も週1~2回程度で行っています。

 

在宅ワークは通勤のストレスがなくなる反面、通信状況やコミュニケーションの面などで、今までとは違うストレスを感じることもが多いです。

 

そうすると、

 

「ペットがいてくれたら仕事中も癒されるな」

 

一緒に在宅ワークをしてくれるペットを迎えることを検討する方もいるかもしれません。

 

我が家は猫を飼っています。

 

いきなり結論です。

 

少しの工夫をすれば、猫がウロウロ歩きまわっている中での在宅ワークは楽しいです!

 

そうでしょ

 

 それでも、仕事内容や職場の雰囲気によってはリスクもあるのかなとは思います。

 

そこで今回は「猫と一緒にする在宅ワーク」をテーマに、実際に体験してみて感じたメリット・デメリットとその解決策をまとめます。

 

 

 

 

はじめに~猫がいる暮らしとは~

猫は癒しです。

 

猫を迎えた初日に猫を飼うこと=お尻や肉球に付くうん〇との闘いと知り発狂した私ですが、結局は癒しと笑いを与えてくれています

 

迎えてから数日もしたら落ち着き、猫には猫のルーティーンも。

 

たとえば我が家の朝の例だと

 

  • トイレにうん○があるので私が回収&足ふきふき
  • 毎朝ソファーの足で爪研ぎ
  • リビング探検
  • 「ごはんください」のにゃーを連発
  • ごはんむさぼりまた探検&2階も探検
  • リビングの窓で二ャルソック
  • みんな仕事や学校に行くからゲージに入る

 

 こんな感じです。

 

猫が我が家で毎日同じような行動をするところを見ると

 

「家族だわ~」

 

と微笑ましく感じます。

 

ちなみに我が家は猫を迎えてからずっと、人間不在の時はゲージに入ってもらっています。

 

やはり、誤飲や勝手に窓のカギを開けることが怖いので。

 

猫と一緒に暮らすということは、気を遣うポイントも増えるというわけです。

 

そんな我が家も、私の在宅ワークが始まり、猫が平日の昼間にケージの外で過ごす時間も以前より増えてきました。

 

f:id:Monpi:20210404005032j:plain

 

在宅ワーク中に猫がいることのメリット・デメリット

ではここで、実際に猫と一緒の在宅ワークを経験した私の視点でメリット・デメリットとその解決策を綴っていきます。

 

メリット

まずはメリット5選です。

 

猫のマイペースぶりで在宅ワーク中に起こるイライラも吹っ飛ぶ

 

在宅ワークは通勤時間のストレスから解放される反面、違うストレスがあります。

 

例えば通信速度の問題。

 

遠隔で操作してると、クリックしてもすぐ反応しない(遅い)ので、もう一回クリックしてしまって違う画面が出ちゃって・・・なんてことは日常茶飯事です。

 

そして、コミュニケーションの問題。

 

在社のメンバーと連絡をとることもしばしばですが、対面に比べると意思疎通が難しい案件も中にはありますよね。

 

こんな感じで実はストレスがある在宅ワーク

 

あーーーーーイライラする(--〆)

 

そんなときでも、猫って本当にマイペースなんです。

 

一応ジーっとこちらをみているときもありますが、基本的にテクテク歩いて自分の好きなこと(主に探検w)をしています。

 

もちろん猫によっては飼主を心配しちゃう子もいるかもしれませんが、我が家は私のイライラに猫が慣れてくれたのか、

 

はいはい、またですね。お疲れっす。

 

という様子です。

 

こんなマイペースな猫ちゃんをみると、大抵イライラしていても落ち着いてきます。

 

猫が深呼吸する間を与えてくれるのです。

 

ソファーで寝ている猫から聞こえてくるイビキが程よいBGMになる

 

我が家の猫はイビキをかきます。

 

寝息だけの時もありますが、割と寝ている最中に色々な可愛いが(´艸`*)

 

それがBGMになって、心地よい音に包まれながら仕事ができるのです。

 

癒しの音と言えば猫のゴロゴロ音!*1

 

ゴロゴロ音も時々聞こえてきます。

 

ゴロゴロ音は人間にとっても心地よい波数の音のようで、癒しの効果があるとも言われていますよね。

 

集中しすぎてしまう在宅ワーク中でも甘えてくる猫のおかげで休憩がとれる

 

猫は気ままにマイペースに遊ぶイメージがありますよね。

 

でも猫って意外と甘えん坊&寂しがり屋ですw 

 

ずっと家で仕事をしていると、猫にとって甘えたいモードの時間帯があるようで、足元で「ニャー」と言いながら上目遣いで見上げてきます。

 

膝の上にのせてあげると一気にゴロゴロ音です(〃▽〃)

 

実は在宅ワークってかなり集中できる環境だからか、休憩とらずに根詰めてしまうことが多い気がします。

 

猫がいてくれるだけで、猫に気がとられる時間や猫が甘えてきてくれる時間があることで、休憩する時間が必然的にとれるというメリットがあるのです!

 

感謝してくださいな

 

ランチタイムの1時間を猫と一緒にお昼寝タイムにできる

 

猫の日向ぼっこに付き合って一緒に昼寝をしたときがありまして、すごく体の疲れが取れたのです。

 

家ならではのランチタイムの使い方ですよね。

 

猫がいなくても良さそうなこと言っていますが、その昼寝に猫がいることで疲れが取れる効果は猫のイビキ音やゴロゴロ音などで倍増です。

 

以前猫とのお昼寝をおススメする記事を書いているのでよかったらご覧ください!(^^)!

monpi.net

 

気まずいZoomを使った懇親会などでも猫がいるだけでネタになる

 

会社の歓送迎会などが難しい昨今、Zoomで懇親会や飲み会をする会社もあるのではないでしょうか。

 

実は私はZoomで会社の食事会をしました。

 

Zoomで会社の食事会・・・会話がもつか心配になりますよね

 

 

会議ではないので、会話のネタになると思い猫を登場させると、案の定猫好きの方も猫嫌いな方もいて、何分かは猫の話にw

 

一番効果があったのは、会話が止まった時に

 

「猫がいたずらしてて~(´;ω;`)」

 

とか言って席を一瞬外してみたり、コラ!とか言ってみたり。

 

おススメのZoom食事会のテクニックですw

 

 デメリット&解決策

続いてはデメリットです。

 

それぞれ実践しているもの含め解決策もご紹介します。

 

 

猫はキーボードの上もダッシュで駆け抜ける

 

猫は突然ハッスルして走り出す生き物です。

 

部屋の端っこから狙いを定めたかのようにいきなりダッシュし出して、テーブルにとびに乗りキーボードの上も駆けていきます

 

なんか文字を打ちながら・・・。

 

猫と一緒にいるとどんな行動をするのか予測がつくこともあるのですが、集中して仕事していると気づけないんですよね。

 

パソコンと向き合っている最中にいきなり目の前通過された経験も数回w

 

びっくりでしたΣ( ̄□ ̄|||)

 

解決策

猫は基本的に直線でダッシュします。スタート地点もパターンが決まっていますダッシュルートから作業する位置をずらすことで解決できる可能性が高いです!

 

我が家では部屋の角から斜めに出口に向かってダッシュするというパターンで、そこを避けて仕事すれば解決でしたw

 

f:id:Monpi:20210404010558j:plain

 

仕事中の猫のおトイレがウン〇だった場合は処理必須

猫と飼うことはウン〇との闘いであることは何度がお伝えしているのですが、それは在宅ワークでも言えます(`・ω・´)!!

 

 飼主の仕事中にトイレでウン〇をすること・・・それは猫の権利。

 

当然我慢なんてしないで欲しいものです。

 

リモート会議中、集中した作業中、いついかなる時にウン〇するのかなんてわかりませんし、猫の勝手(=^・・^=)!

 

なんですが・・・やっぱり臭いもしますし、なかなか放置はできませんw

 

一回作業している手を止めて処理します。

 

それができるならまだマシで、会議中でウン〇のために席を外せない時は、その匂いを嗅ぎながら会議を続けるということになるわけです(@ ̄□ ̄@;)!!

 

ファイトです!

 

解決策

部屋数が足りている場合にはトイレが置いてある場所と仕事部屋をはじめから離す方法で解決できます。
ワンルームかつリモート会議中に匂ってきたら、一番の解決先は・・・気合と愛情です。気合と愛情で乗り越えられることもあります。

猫砂を木質ペレット に変えることも効果的です!木質ペレットは比較的ウン〇の臭いを抑えてくれるのでかなりおすすめです(^^)

 

木質ペレットは我が家では必須です。

 

猫砂の中でも機能面でも衛生的で、木の香りは消臭力が強く、どうしてもすぐ処理できないような場合に有効です!

 

ただしシステムトイレの場合に効果を発揮するタイプの猫砂なのでご注意ください。

 

~ここだけの話~

最近は「全自動トイレなるもの」(←橘咲風!byドラマ仁)があるようです。

ユーチューバーのヒカキン氏が愛猫に使っているトイレも全自動みたいですね♪

かなりの高級品ですが、長い間使用すること考えると「もしやコスパ最高なのかも!?」な商品ではありますよね。少し検討中です。

 

ご参考までにリンクはっておきます。


 

 

猫と遊んでしまって仕事が全然はかどらない

やっぱりずっと猫がウロウロしていると、ちょっかい出したくなりますよね。

 

反応が楽しいとそのまま遊んじゃったり、まったりしちゃったり・・・仕事が進まないというわけです┐(´д`)┌ヤレヤレ

 

こらっ!猫のせいにすなっ!われわれ猫のせいではありません。

 

 それだけ猫には人をダメにする能力があるというわけですね。

 

解決策

つまらなそうにしている猫と遊んであげたいだけなら、レーザー/LEDポインターは効果的でした。作業場所で仕事しながら壁にレーザーを照らしたりして少しハッスル!
自分が猫と遊びたくで遊んじゃう場合は思い切って時間決めて遊んじゃいましょう・・・本当に納期に追われているなどで時間に余裕がない場合は遊びませんからきっと大丈夫です。

 

今は手動のレーザー/LEDポインターだけじゃなく、自動もありますね。

猫が狩猟本能を満たしてくれて、運動効果大!


 

 

 

昼食や間食をしていると猫も餌やおやつを求めてくる

我が家の場合、家族の朝食と夕食の時間に合わせてごはんをあげることが多いため、私の昼食や間食の時間には猫もごはんの時間だ~と思ってしまいます。

 

仕事をしながら私がおやつをつまんでいると、

 

「にゃ~(おやつちょうだ~い)」

 

って感じですり寄ってきて鳴いているんですね。

 

可愛いのですが、猫の健康を考えるとあまりおやつを与えたくないので無視することになるわけです。(オマエも間食やめろっっ!って自分に言いたいです…)

 

解決策

猫のためには、ごはんやおやつを余計な時間には与えないということでよいと思います。
在宅ワークが週1~2回程度なのであれば、在宅ワークの日だけお昼にちゅーるをあげて一緒にランチタイムにするっていう方法もおすすめです(^^)

 

会議中に画面を横切る猫は邪魔者扱いされてしまう

猫は自由・・・モニターの向こうにだれがいようとおかまいなしです。

 

睨み付けながら素通りしてみたり、お尻をどアップにしてみたり。

 

大事なリモート会議に猫が登場してきたら、多分会社の人からは「邪魔!」って思われます。

 

たまたま1回なら「可愛いね」の社交辞令があっても、複数回登場したらムカっとされるのは当然です。

 

家族としては不本意ですよね。

 

解決策

かわいそうと感じる方もいるでしょうが、リモート会議中だけゲージに入れてあげる方法をおすすめします。
お互いストレスをなるべく感じず共存できる空間作り大切だと思います。

 

我が家の猫は人間不在の時はゲージで過ごしていますが、ゲージを解放していても眠くなったら自らケージに入ってスヤスヤ寝ています。

 

「ゲージ=閉じ込め」と考えず、必要に応じて「お部屋に入っていてね」という感じでゲージの中で過ごしてもらうことは悪いことではないです(^^)

 

ゲージに爪とぎやハンモックが付いているとストレス発散もまったりもできます♪


 

 

まとめ~猫と人間がうまく共存できれば在宅ワークはかなり楽しくなる~

実際にペットがいる環境で在宅ワークをしている私は

 

「いてくれてよかった」

 

という気持ちです。

 

マイペースな猫がトコトコ歩いている姿には本当に癒されます。

 

ただ、それは仕事の内容やお部屋の間取りなど個々の事情で違うでしょう。

 

それでも、大抵のことは解決策があるのではないかと私は思っています。

 

猫のために人間がすべてを妥協したり犠牲にする必要はなく、共存できる環境を作ることで在宅ワークwith猫は可能です。

 

今回の記事ではデメリットごとに私が実践していたり思っている解決策を載せてみました。

 

少しでもお役にたてたら幸いです。

 

一緒に快適な在宅ワークライフ!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

*1:低い音で喉を鳴らしているような音。一般的に飼い主がなでなでしているときや猫が布団などをフミフミしている最中のゴロゴロ音はリラックスモードのサインと言われています。